下水工事

川の汚れの75%は家庭雑排水とも言われています。

家庭から出る下水を、速やかに公共下水に流すために排水管、桝などの設備を整え、地球の環境を守りましょう。

また、下水を適切に処理することにより、悪臭、ハエなどの害虫の発生を防ぎ衛生的で快適な生活ができるようになります。

くみ取り便所を水洗便所にし、公共下水道につなぎこむ工事(浄化槽からの接続切り替えを含む)をされる方には融資のあっせんが適用されます。

 

下水工事

施工状況

下水工事

合併浄化槽工事

トイレを水洗化して、清潔で快適な生活を手に入れたいが、下水道整備はまだまだ先のことになりそうででも何とかならないかなあと思っていませんか?

合併浄化槽を設置することで、このような悩みが解決されます。

また合併浄化槽を設置するとトイレの外に台所・洗濯・洗面・台所等の生活雑排水も浄化処理されます。地域によっては、補助金が交付されます。

施工の流れ

合併浄化槽

合併浄化槽
合併浄化槽(7人槽)建物の面積で選定します。
大きさが2350×1620H もあるんですよ。
場所の確保が必要ですね。
掘削状況

掘削状況
2mくらいの深さを掘って、底にコンクリートを打ちます。
設置状況

設置状況

完成

完成
上部にもスラブコンクリートを打って
丈夫にして完成です。

融資について

米子市では汲み取り便所を水洗便所にし、公共下水道につなぎこむ工事(浄化槽からの接続切り替えを含む。)をされる方に、融資をあっせんしています。

平成30年10月1日より一部改正となりました。

  • 融資額
    改造工事(便槽又は浄化槽1個に係る改造工事)1件につき100万円以内(工事代金の範囲内(※改正前 上限80万円以内)
  • 利 子

    無利子

    <改正前>

    1. 供用開始後3年以内の建物については無利子です。(現行通り)
    2. 供用開始後3年経過後の建物について
      • 40万円を上限とする無利子融資のあっせん
      • この金額でなお工事費の不足する方は、年利3.5%以内での有利子融資を併用できます。
      • (ただし最低5万円から最高40万円まで。)
      • (改正後→すべて無利子となり、無利子融資の上限が40万円から100万円に増額となります)
  • 返済方法
    融資を受けた月の翌月から60回以内の月賦返済。(年2回の割賦返済の併用も可)

融資の条件

平成23年4月1日より、融資あっせん要綱が改定になりました。 制限が緩和され、利用しやすくなりました。

完済時の年齢制限、申込時の保証人を削除しました。

  1. 米子市内に住住所を有し、独立の生計を営んでいる方。
  2. 自己資金のみで改造工事の工事費を負担することが、一時的に困難な方。
  3. 融資を受けた改造資金の償還が可能な方。
  4. 指定金融機関の取引停止対象者となっていない方。
  5. 市税、国民健康保険料、下水道事業受益者負担金、下水道使用料を滞納していない方。

※金融機関では、保証人が必要となる事もありますので、申込事前に一度、金融機関にご相談ください。

手続きについて

シオテックでは、市役所への申し込みのお手伝いをしています。 融資を希望される方は、工事を依頼されるときにぜひご相談ください。

TEL 0120-27-3683

【受付時間】 平日8:00~17:00 日曜・祝日・第2、第4土曜を除く